Care patients

介護保険法改訂後の新事業

地域主体の介護事業

医師と患者

介護予防・日常生活支援総合事業は平成27年4月介護保険改訂により始まりました。高齢者の介護予防と住み慣れた地域での日常生活の自立を総合的に提供する事業です。介護予防・日常生活支援総合事業の導入により今までの介護サービスだけでは支えきれなかった高齢者に対しても柔軟に対応することができるようになりました。介護予防・日常生活支援総合事業には介護予防・生活支援サービスと一般介護予防事業の2つで構成されています。介護予防・生活支援サービス事業の対象者は、要支援1,2の方になります。サービス内容は訪問サービス、通所サービス、生活支援型サービス、介護予防ケアマネジメントの4つです。一般介護予防事業の対象者は65歳以上のすべての高齢者とその家族や支援者になります。事業内容は介護予防把握事業、介護予防普及啓発事業、地域介護予防生活支援事業、地域リハビリテーション活動支援事業となっています。

新介護事業の問題点

介護予防・日常生活支援総合事業の導入によりこれまでの要支援者を対象とした介護保険サービスが市町村事業に移行して行われることになりましたが、まだまだ課題も多く十分な体制が整っていないのが現状です。厚生労働省は平成29年4月までにすべての自治体が介護予防・日常生活支援総合事業を開始させることとしています。そのためにも高齢者のニーズや生活サービスの現状を把握し、その地域にふさわしい事業のあり方を探さなければなりません。介護予防・日常生活支援総合事業への円滑な稼働のため今までの事業とのバランスを図りながら時間をかけて取り組む必要があるのです。住民のニーズ、地域の課題や活用の可能性がある社会資源など把握し事業内容を検討する必要があります。また事業の運営にあたっては行政やボランティア団体との連携が不可欠となるので常に課題を共有し意志疎通を図ることが大切です。また市町村が主体となるがゆえに介護サービスの地域格差や自治体間格差を広げる要因となる恐れがあることも課題となっています。

コストがかかるのが難点

介護

役所に介護保険の請求分を伝送するには一般的に紙書類を用います。お互いに工数がかかるデメリットがあるため、国保連中央介護伝送ソフトを利用するケースが増加しています。しかしISDNの専用回線の設置などコストは高くなっています。

Read More...

体が不自由でも安心な車両

老夫婦と女性

福祉車両はいくつかの種類があり、購入する場合は目的に応じて選ぶ必要があります。使用頻度が少ない場合は、レンタルやリースを利用すると便利です。リースの場合、メンテナンスも一括してリース会社に委託するサービスもあるため安心です。

Read More...

困っている人をサポート

男性と女性

身体に不自由な点があり、困るシチュエーションも出てくることもあり、介護用品を扱う通販が利用されています。これまでは専門機関からの購入が一般的でしたが、介助者となる家族やパートナー側が必要とするパターンが増え、手軽な通販が賢く活用されています。

Read More...