コストがかかるのが難点 | 介護予防・日常生活支援創業事業を支える便利ツールの活用ガイド
Care patients

コストがかかるのが難点

介護

介護保険制度においては、公費分の請求を行う必要があります。データの提出は事務作業として工数になっているのが現実です。一般的には紙媒体での提出となります。しかし役場の工数削減からも最近では磁気データを用いてデータ転送を行うケースが増加しています。国保連中央介護伝送ソフトはこのデータを送信するための専用ソフトになります。インターネット時代でありながらインターネット回線を利用するのではなく専用の回線を引かなければならないことに注意しておかなければなりません。一回回線を設置すれば転送は工数がかからず行うことができるためかなりの工数削減になります。回線はISDN回線です。光ファイバーが主流の時代ですので、設置にはコストがかかります。しかし、業務の効率化を図れるので、このソフトを導入する企業が増えつつあるのです。

国保連中央介護伝送ソフトを提供している会社は幾つか存在しますので、社内に導入を検討している企業はどの契約相手をしっかりと見極める必要があります。見極める際には、国保連中央介護伝送ソフトの特性を考慮して選択すると良いです。例えば、基本的な会計機能、又は伝送機能は組み込まれているのか、ということは当然ながら把握しておくべきです。 それから、国保連中央介護伝送ソフト導入後のアフターサービスはあるのかということも考慮すべきです。そういったサポート体制が整っていれば、何かしらのトラブルが発生したとしてもすぐに解決して業務への支障を最小限に抑えることが可能です。