困っている人をサポート | 介護予防・日常生活支援創業事業を支える便利ツールの活用ガイド
Care patients

困っている人をサポート

試してみる価値

男性と女性

高齢化によって、在宅介護の支援の輪が広がり、介護用品を取り扱う通販も介護者・介助者から評価されています。日常生活の動作は自分でできるものの、より充実感を得るために介護用品を通販から購入し、試してみる高齢者も増えています。もちろん、入浴や食事などで支えがなければ行動できない障害者の方にも利用されています。身体に不自由さがあるため、使い勝手が肝心となる用品ばかりで、最近では比較や検討できるようにレンタルで試すことができる通販が賢く利用されています。例えば、価格がネックとなる特殊寝台のレンタルは人気が高く、リクライニングの全自動機能となれば使い方も把握したいものです。さらにマットレスによる寝心地や、設置するサイズなどまで把握したい要介護者や、支える家族からも検討できる点で評判を集めています。

保険も適用される

介護の手をあまり借りたくない高齢者・障害者の方に反し、高齢化の進行に伴い、介護用品は様々な場所で必要とされています。自宅のみならず、例えば、駅内やスーパーでの買い物などで時として介護を必要とするケースも実情として挙げられている問題です。車椅子を利用する人、杖を必要とする人など、思わぬ場所ではサポートできる介護用品は必要不可欠なアイテムです。これまでは、医療・介護に関連する店舗やカタログなどから申込みを行うことで、個人でも必要な用品が購入できていました。超高齢化社会の到来でニーズも増え続け、ネット通販をはじめ、カタログやテレビ通販などでも障害レベルに対応した介護用品が購入できるようになりました。さらに、車椅子や傾斜角度などに変化を付けられる介護ベッド、空気圧で床擦れを軽減できる体位変換器などに関しては、条件によって介護保険対象になるなど、負担軽減で活用できます。